仮想通貨は無価値になるの?バブルは終わりかやさしく解説!

仮想通貨ニュース

仮想通貨は無価値になるの?バブルは終わりかやさしく解説!

更新日:

2017年末から爆上がりが一旦終わり、仮想通貨が大分下がってきていますね〜泣

 

私も大分資産が目減りしてしまいました笑

ここ最近の上がり方が極端だったので、異常な時期がある意味終わり、正常に戻ってるのかなと思っています♪

 

仮想通貨をはじめたばかりの人は

 

「自分のもっている仮想通貨が無価値になる?」

「仮想通貨はもう終わりなのでは?!」

 

と心配な人もいるのではないでしょうか?

 

 

私もはじめたての頃は投資した仮想通貨が無価値になるのが怖い!と不安でした笑

 

今回はそんな不安を持ったあなたのために

  • 仮想通貨が無価値になる場合
  • 仮想通貨はバブルは終わりを迎えるのか

をご案内します!

 

 

これを読めば投資が無価値になるかも?!な不安で悩む日々が終わりかもしれません♪

 

 

仮想通貨の価値とは

仮想通貨無価値になる終わり価値

仮想通貨の価値ってどのように決まるのでしょう?

基本的にはみなさんご存知の通り、需要があれば価値が上がります

 

「これだけ流行ってるんだから無価値になるわけないじゃん!」って思いますよね。

 

でも今は仮想通貨の価値(価格)が下がっているのも事実です。

仮想通貨は日本円などの法定通貨と違い、国勢以外にも様々な要因で価値が動きます。

 

 

主な要因としては

  1. ネガティブなニュースがある(国の規制等)
  2. 時期的に税金などの対策で手放す人がいる場合(確定申告等)
  3. 下がったことで不安に感じ手放す人が多い場合(無価値になる?!終わり?!といった怖さ等)

が多いですね。

 

時に1と2が重なった時には「今持っている仮想通貨が無価値になるのではないか?仮想通貨は終わり?」と不安になる人が特に多くなり、市場全体が下がっていきやすくなります。

 

では仮想通貨が終わり、無価値になるってどんな時なのでしょうか?

 

 

いつか無価値になるの?

仮想通貨が無価値になることはあるんでしょうか?

終わりがもし来るとしたらそれはいつ?

 

無価値になるケース

仮想通貨が終わりを迎え、無価値になるとしたらこんなケースが想定されます。

 

インターネットが世界から消滅

仮想通貨無価値になる終わりインターネット

仮想通貨はインターネット上の通貨ですので、世界中でインターネットが終わりになれば、仮想通貨は無価値になるのではないでしょうか。

 

実際に買い物など現実で使えるから、みんなが欲しがり仮想通貨は価値を持ちます。

実際に仮想通貨が使えなくなれば仮想通貨は無価値になるのでは…。

 

でもインターネットがなくなる世界なんて考えられない!

 

お金という概念が世界から消滅

仮想通貨無価値になる終わりお金

仮想通貨は「お金」です。

もはやありえないことかなとは思いますが、世界からお金の概念がなくなり、誰も「お金」のシステムが終わり無価値になることがあれば、同じように仮想通貨も無価値になると思います。

 

しかしこれだけお金が浸透している世界で「お金」のシステムが終わりを迎えることはあるのかな…?

 

あまり現実的ではないですね〜

 

世界統一で使用禁止の規制が入った

仮想通貨無価値になる終わり禁止

何かかしらの形で規制が入って仮想通貨が禁止されてどこの国でも仮想通貨が使えなくなったら、仮想通貨が無価値になる可能性はあります。

 

既に中国では仮想通貨に対し規制をしており、それに続く国が出てきてもおかしくないでしょう。

 

国内での仮想通貨の使用や売買を禁止されたり、取引所の運営ができなくなる法律などができてしまったら、その国の国民は仮想通貨取引はできず、その国では仮想通貨は終わりになってしまいます。

 

ん?!なんかこれはありえるかも?!

 

仮想通貨無価値になる終わり自由

しかし仮想通貨はインターネットがあればどこでも使えてしまう自由な通貨です。

仮想通貨取引所は各地に無数にありますし今後も増えていくでしょう。

現に規制が入った中国の仮想通貨取引所は別の地へ運営を移し今も運営しています。

 

世界中で使える仮想通貨そのもの全てを規制し、仮想通貨を無価値になるまでにするのはかなり時間がかかります。

 

またこれだけ需要があるものを終わりにして、無価値になる状態にするのは、現状難しいのではないかなあ〜と思っています。

仮想通貨が発展すると不都合がある人もいるかもですけどね!笑

 

もっといい別通貨が出現

仮想通貨無価値になる終わり出現

仮想通貨に変わる次世代のもっと画期的な通貨が出てきたら、仮想通貨の時代は終わり、その通貨の時代が来るかもしれません。

 

もっともっと技術が進歩したら、ありえなくはないですね〜!

でも今すぐ!の話ではなさそうです。

 

開発元やサービスがなくなった

仮想通貨無価値になる終わりなくす

これは現段階でもありえます!が全部の仮想通貨ではありません。

仮想通貨と言えばビットコインをはじめ、日本円の代わりに使え、物を買うなどお金として決済をするイメージがありますね。

 

しかし仮想通貨は何種類とあり、開発元があったり、利用用途も仮想通貨によって違うなど内容は多岐に渡ります。

 

 

例えば、「猫チャンネル」という動画サービスがあり、その動画サービスで使う仮想通貨の「にゃんコイン」があったとします。

 

「にゃんコイン」は動画を投稿する時に投稿者が素材を買ったり、視聴者が有料サービスを使うのに払ったり、猫チャンネルのサービスを使うのがメインです。

 

仮想通貨無価値になる終わり猫

しかしもし猫チャンネルがサービスを終わりしたら…

にゃんコインを使う人がいなくなれば必然的にその仮想通貨は欲しい人がいなくなり、取引は終わり無価値になるでしょう。

 

 

もちろん、サービスなどに依存しない仮想通貨もあります。

ビットコインとかはそうですね。

この他にも今後技術が発展し色々な仮想通貨が出てくれば、自然と終わりを迎え将来的に無価値になる仮想通貨は出て来ると思います。

 

仮想通貨全体の話ではないですが、仮想通貨の種類によっては無価値になる可能性がありますね!

仮想通貨を取引する時は見極めが大事ですね♪

 

致命的な欠点が見つかった

仮想通貨無価値になる終わり見つける

これも仮想通貨全体ではなく、仮想通貨の種類によってはありえます。

 

その仮想通貨を使用するにあたり、何かかしら致命的な欠点が見つかってしまったら、その仮想通貨の需要は終わり、無価値になると思います。

 

欲しい人がいなくなる

仮想通貨無価値になる終わりいない

結局のところ、「価値」「需要」があるかで決まります。

仮想通貨が欲しい人がいなくなったら、使う人がいなくなったら、新しいサービスがリリースされなくなったら…

 

誰も必要のない仮想通貨は無価値になると思います。

 

その時に仮想通貨の時代は終わり、仮想通貨が無価値になる時が来るのではないでしょうか。

仮想通貨の種類によっては、今の段階で取引中止とかで無価値になる可能性もありますね。

 

未来のことはわかりませんが、今現在は仮想通貨を使って新しいサービスがどんどん考案され、研究されています。

実際に使えるサービスも増えてきていて、どんどん生活に仮想通貨は近いものになっていっています。

 

そのうち気がついたら、今のインターネットのように生活に深く深く入り込んでいて、歯医者に行くにも、スマホで動画をみるにも仮想通貨が知らない内に根付いてるかもしれません笑

 

仮想通貨無価値になる終わり日常

(実際にそういった仮想通貨はすでに公表されています。)

 

 

需要がなくなったら、仮想通貨の時代は終わり無価値になるでしょう。

でも、仮想通貨をわりにしたくてもできない時代が来る可能性の方が高いのではないかなと私は思っています♪

 

全部の仮想通貨の価値はなくならない

仮想通貨の種類によって、その仮想通貨自体が無価値になることはあるでしょう。

 

でも、仮想通貨全部が終わりを迎えを迎えることは早々ないのではないかな〜と私は思っています♪

それだけ仮想通貨のシステムは、画期的で需要が高いものだと思います。

 

日本に暮らしているとあまり実感がありませんが、自国の紙幣が無価値になる可能性のある国に住んでいる人たちが世の中にはたくさんいます。

そういった人たちにとって仮想通貨は、大事な資産を守る武器であり、需要が高いものです。

 

また、様々なサービスを使うために仮想通貨はどんどん生み出されていくでしょう。

 

需要がある限り、仮想通貨全部が無価値になる可能性は低いと思います♪(価値が高くなるかは別としてです!笑)

 

 

仮想通貨バブルは終わりか

2017年末から2018年頭までどの仮想通貨も軒並み右肩上がり!仮想通貨バブル?!とも言われていましたね。

仮想通貨のバブルは終わりを迎えてしまったのでしょうか?

 

仮想通貨バブル

仮想通貨無価値になる終わりバブル

仮想通貨バブルは終わりだ!という話をちらほら聞きますね〜。

そもそも仮想通貨バブルが今なのか?!がわかるのは未来のお話だと思います。

どんなものも一気に成長して順風満帆なんてことはないですよね。

もしかしたら、単純に仮想通貨の市場が成長していっているだけで、今の乱高下なんて未来の人が見たらさざ波程度かもしれません笑

 

「あの時は仮想通貨は無価値になる!もう終わりだ!なんていってたよね〜!」なんて、笑って話しているかもしれませんよ笑

 

仮想通貨は浮き沈みを繰り返し成長してる

仮想通貨無価値になる終わり成長

仮想通貨は2008年のビットコインが発表されて以来、実はなんども「仮想通貨は無価値になる!もう終わりだ!」と言われてきました。

 

直近でもビットコインが2017年には一時的に220万円まで上がり、2018年頭には80万円代まで下がるなど乱高下を繰り返しています。

 

仮想通貨無価値になる終わりチャート

引用:Bitcoin日本語情報サイト

実はこの流れは2013年にもあって、20万円だったビットコインが120万まで上がり、2014年の3月には47万円まで下落、翌年の2015年5月には28万円まで下がりました。

 

この時も「無価値になるのでは…仮想通貨は終わり…?」と騒がれていましたが、チャートでもわかる通り最低金額はどんどん上がっています。

 

仮想通貨の代表であるビットコインの価値は上がり続けて成長しているんですね。

 

仮想通貨が終わりを迎え、無価値になるかは未来にしかわかりません。

ただ、個人的には今は仮想通貨は成長段階で、終わりになる可能性は低いのではないかなと思います。

 

規制強化で仮想通貨は終わりか

仮想通貨無価値になる終わり規制

日本でも仮想通貨の取引所を登録制にし、仮想通貨のICO(資金調達)を規制することを検討するなど規制が始まっていますね。

規制が入って、今の状態は終わり?!想通貨が無価値になるかも?!と心配になった人も多いのではないでしょうか。

 

内容的には、日本の規制は仮想通貨を禁止するものではなく、「仮想通貨を安全に取引できるような基盤作り」の側面が強いのではないでしょうか♪

 

 

今の状態はほとんどルールもないので、無価値になるような仮想通貨が出てしまっても誰も止めることができません。

その状態を放置する方が仮想通貨自体が終わりに向かってしまうのではないかな?!と思います。

 

 

私は個人的には今の日本の仮想通貨の規制は、「仮想通貨の終わりではなく始まり」だと思っています♪

 

 

おわりに

仮想通貨が終わりになる時が来るのか、無価値になる場合がどんなケースかを案内しましたがいかがでしょうか?

 

仮想通貨が無価値になるのか終わりが来るのか、未来になるまでわかりません。

でも仮想通貨が発展するといいなと個人的には思っています♪

 

みなさんの情報収集のお役に立てましたか?

少しでもみなさんのお手伝いができれば幸いです♪

 

-仮想通貨ニュース
-, ,

Copyright© 女性のための簡単仮想通貨ドットコム , 2022 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。